プログラム ▷ ページを更新する  ▷ 指定演題はこちら

2021年10月15日(金)~10月16日(土)

タイムテーブルはこちらをクリック(pdf) time

一般演題1(口頭発表)
10月15日(金)9:00~10:00
座長:伊関 千書(山形大学大学院高次脳機能障害学)
   川上 暢子(東北大学大学院医学系研究科高次機能障害学)
 
認知症のさまざまな背景疾患
O1-1)脳炎に伴い身体、高次脳機能の改善後も妄想、幻聴、幻味、幻視が持続した一症例
 伊藤 香織(大森赤十字病院リハビリテーション課)
O1-2)鏡現象および特異な自己身体の誤認妄想を呈した進行麻痺の一例
 宮川 雄介(熊本大学病院神経精神科)
O1-3)軽度外傷性脳損傷にて全生活史健忘のみならず重篤な意味記憶障害と行為の障害を伴った例
 船山 道隆(足利赤十字病院神経精神科)
一般演2(口頭発表)
10月15日(金)10:45~11:45
座長:金野 竜太(昭和大学横浜市北部病院)
   小林 良太(山形大学医学部精神医学講座)
 
剖検症例からの視点
O2-1)後部皮質萎縮症における背景病理の多様性
 関口 裕孝(桶狭間病院藤田こころケアセンター、桶狭間病院附属Brain Research Laboratory)
O2-2)血管性病変が目立ちSLC20A2遺伝子にバリアント(c.920C > T/p.P307L)を認めた家族性特発性基底核石灰化症の1剖検例
 坂井 健二(金沢大学大学院脳老化・神経病態学(脳神経内科学))
O2-3)DATスキャン低下が運動ニューロン疾患に3年以上先行してみられた前頭側頭型認知症の1剖検例
 川勝 忍(福島県立医科大学会津医療センター精神医学講座)
一般演題3(口頭発表)
10月15日(金)13:50~14:50
座長:菅野 重範(東北大学大学院医学系研究科高次機能障害学)
   下村 辰雄(秋田県立リハビリテーション・精神医療センター)
 
レビー小体型認知症へのさまざまな視点
O3-1)緊張病が初発症状であったレビー小体型認知症(Dementia with Lewy Bodies:DLB)の一例
 森岡 大智(山形大学医学部精神医学講座)
O3-2)老年期精神科疾患における薬剤誘発性の幻視は、前駆期レビー小体型認知症の予測マーカーか?
 小林 良太(山形大学医学部精神医学講座)
O3-3)レビー小体型認知症の患者・介護者・医師の治療ニーズに関する研究
 橋本 衛(大阪大学大学院医学系研究科精神医学教室、近畿大学医学部精神神経科学教室)
ポスターセッション
10月15日(金)10:05~10:40
Short Talk1
P1-1)MCIにおけるCOVID-19恐怖尺度と局所脳萎縮の関連
 高橋 卓巳(筑波大学附属病院精神神経科)
P1-2)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染に関する医療レセプトデータ分析に基づく併発見込みのある神経及び精神疾患の抽出
 佐藤 能臣(株式会社データフォーシーズAI Lab、日本システム技術株式会社ライフイノベーションラボ)
P1-3)褐色細胞腫が不安・抑うつ症状に影響を与えたと考えられたうつ病の症例;不安・抑うつ症状と褐色細胞腫
 佐々塚 涼弥(筑波大学附属病院精神神経科)
P1-4)たこつぼ型心筋症発症後に著明な短期記憶障害が明らかになった自己免疫性辺縁系脳炎の一例
 金野 竜太(昭和大学横浜市北部病院内科)
P1-5)便秘症の悪化を契機に心気妄想を認め、自殺類似行動を伴うせん妄を発症したと思われる認知症の1症例
 長濱 道治(島根大学医学部精神医学講座)
ポスターセッション
10月15日(金)14:55~15:23
Short Talk2
P2-1)機械学習を使った音声解析によるFTLDおよびALSの簡易検出モデル:予備的検討
 大嶽 れい子(藤田医科大学脳神経内科)
P2-2)進行性失語症に対するオンライン動画を用いた言語療法の難易度と速度設定に関わる失語症状の解析
 東 晋二(東京医科大学茨城医療センターメンタルヘルス科、東京医科大学精神医学分野)
P2-3)漢字優位の失読失書が前景に立った原発性進行性失語症の1例
 小川 七世(春日井市民病院リハビリテーション技術室、東北大学大学院医学系研究科高次機能障害学)
P2-4)左頭頂葉優位の症候を呈した大脳皮質基底核症候群の2症例
 伊関 千書(山形大学医学部第三内科神経学分野)